薬剤治療などでじっくりと治すのが基本!うつ病との正しい付き合い方

婦人

処方の手順

男の人

うつ病を治療するときに用いられる抗うつ剤は、症状改善傾向に持っていってくれる頼れる薬剤です。適量を服用すれば、脳内物質であるセロトニンやノルアドレナリンの分泌量を増加させやすくします。健全な人と違い、著しくセロトニンとノルアドレナリンの分泌量が減っているうつ病患者にとって、症状を改善させるのに欠かせません。しかし、抗うつ剤は1つだけではありません。実は、数多くの種類が存在しています。どれも、2つの脳内物質を分泌促進させるとは限りません。どちらか片方の物質を分泌促進させるのに効果が高いものである場合もあります。また、副作用が強く現れるものや副作用リスクが低めのものとピンからキリまで存在します。基本的には、患者の体質や症状の度合い、抱えている症状に適したものを専門医師が処方してくれます。

早期発見で軽度のうつ病患者にうってつけなのが、四環系抗うつ剤です。特徴は症状改善効果が若干弱め、副作用リスク少なめの薬剤です。副作用リスクが少ないため、体に負担をかけることがないですが、症状改善の効果が比較的弱めとなっているので、重度の症状に陥った患者にはそぐわない代物です。また、睡眠を促す作用に優れている一面を持っているので、不眠症気味の患者にうってつけの薬剤です。軽い気落ち症状気味で、寝不足に悩んでいる人に最適なのは確かです。

治療効果が高くて、副作用のリスクが少ないタイプのものなら、SSRIがあります。SSRIは新規抗うつ剤の一つで、どちらかと言うとセロトニンの分泌促進に特化した薬剤です。効果と副作用のバランスに優れている一面を持っているので、あらゆるクリニックで広く使用されています。軽度の症状から、重度の症状患者まで幅広く利用できるのは確かです。

薬剤の中で、即効性に優れているのがスルピリドです。何と言っても、服用後すぐにドーパミン分泌を促進させてくれるので、気分がよくなりやすいのが特徴です。気落ち症状をすぐに改善傾向に持っていけるため、うつ病や統合失調症の治療で頻繁に用いられてきています。即効性の高いのが売りですが、副作用のリスクが比較的高めとなっています。ホルモンバランスを乱して性機能障害を引き起こす効果も発揮してしまうため、治療で使われることがありませんが、新規抗うつ剤使用で効果が現れなかった際に使用されることが多いです。

うつ病の薬剤処方では、最初に使用するのが新規抗うつ剤が多いです。理由としては、副作用のリスクが最小限に抑えられているからです。体への負担が少ないタイプで、改善傾向に持っていければそのまま同じ薬剤を使用し続けられます。何かしらの理由によって、治療効果が得られなかったり、重度の症状に陥ってしまったときに限って、四環系やスルピリドといった、強力な効果をもたらす薬剤に切り替えてくれます。上記の説明で副作用のことが気になってしまいますが、医師は副作用の症状を抑えるものも同時に処方してくれます。強力な効果をもたらす薬剤でも、クリニックでは十分な副作用対策を行なってくれるので、安心して利用できるのは確かです。