薬剤治療などでじっくりと治すのが基本!うつ病との正しい付き合い方

婦人

体質に適したものを

女性

うつ病は、おおまかに精神的な疾患と言われていますが、正しくは神経伝達物質の働きが低下してしまう中枢神経の病とされています。人の精神的な面を司る神経伝達物質であるセロトニンやノルアドレナリンの分泌量が健全者と比較してみると、著しく低下していることが多いのです。2つの神経伝達物質が不足気味になってしまったことで、倦怠感発症、幸福感の喪失に見舞われます。うつ病の症状を改善傾向に持っていくには、健全者と同様の神経伝達物質の分泌量に戻すのが重要となります。健全者と同じ状態にもっていくために、欠かせないのが抗うつ剤の力です。

セロトニンやノルアドレナリンの分泌量を正常に戻すためには、抗うつ剤が必要不可欠です。抗うつ剤には、セロトニンやノルアドレナリンの分泌を促進する作用があります。適度に抗うつ剤を服用していけば、健全者と変わらない分泌量に戻しやすくなるのは確かです。ただし、服用しても全く症状が改善されないからと言って、安易に処方されたものの服用量を増やすのは避けたほうがいいです。薬物に依存してしまったり、本来発生しない副作用が現れたりする危険性があります。正しく効果を得るために、用法用量を守って飲むのが基本です。もしくは、医師と相談をして服用する薬剤の種類を変えてもらう、あるいは量を増やす、服用をストップして別の治療法に切り替えるのも重要です。

うつ病の症状は、倦怠感や幸福感の喪失だけではなく、不眠、緊張、気分変調の症状にも見舞われてしまいます。ベッドで横になっても、眠気が訪れにくくなるので極度の睡眠不足に陥ります。また、日々の生活の中で常に不安をいだいて過ごしがちになります。それらの症状を改善するために、抗うつ剤と一緒に抗不安剤や睡眠薬が処方されるケースがあります。抗不安剤は、文字通りで不安の症状を取り除くためのものです。緊張をもたらす要因であるドーパミンの過剰分泌を抑えてくれます。睡眠薬も、名前通りの効能を発揮し、中々寝付けない夜にぐっすりと眠りつけるサポートをしてくれます。十分な休息が欠かせないうつ病の治療において、効果的に改善傾向へ持っていくのにこれらのものは欠かせないのは確かです。

うつ病の症状改善に役立てられる薬剤である抗うつ剤、抗不安剤、睡眠薬はあくまで一例に過ぎないです。これらの薬剤を使用したとしても、体質によっては改善傾向に持っていくことが出来ない可能性もありえます。体質にぴったりな薬剤を手に入れるためには、医療機関でのカウンセリングや診察が必要不可欠なのです。担当医師が、体質は勿論ですが患者が抱えている症状にぴったりな薬剤を選んでくれます。順調にうつ病の症状と付き合うためには、体質や悩んでいる症状にうってつけの薬剤を処方してもらうのが重要です。担当医師にじっくりと相談をして、体にピッタリな薬剤は何なのかを、カウンセリングなどで調べてもらうのがおすすめです。